ホーム > バイオマス発泡の畳床

バイオマス発泡の畳床

バイオマス発泡の畳床の特徴

※バイオマスとは木質系プラスチックです。

1  軽くて調湿、保温効果に優れています

木材、デンプンなどを原料にした「バイオオールからできた生分解性植物発泡ボードです。
この植物発泡ボードは連通性気泡構造を有しており、炭と同様吸湿・放湿機能をもつため、
室内温湿度調節にも寄与します。
 バイオマス発泡の畳床  
バイオマス発泡の畳床

 

2 廃棄処理の際は土に還元でき、有害物質を発生しません。

木質系プラスチック発泡は廃棄処理の際に土に返して微生物の力で分解しやすく、また燃やしても石油系プラスチックのように高エネルギーを出さず、ダイオキシンなどの有害物質を発生しません。人と環境にやさしい素材です。

 

3  植物100%の木質系の端財を原料とし、リサイクルできます。

このように、地球への負担を軽減します!

このように、地球への負担を軽減します!

木質系プラスチック発泡は再生可能な植物資源などを利用し、液化することで植物系廃棄物をリサイクルします。石油系資源はいずれ枯渇しつつあり、リサイクルできない材料は使えなくなる将来、木質系プラスチックは資源問題の解決につながり
ます。